仕事に夢や目標は必要?「わたし、定時で帰ります。第四話」から感じたこと。

f:id:minimummomo:20190510222910p:plain


こんばんは

コンサバ系ミニマリストOL momoです。

 

さてさて、今私ががっつりハマってるドラマ、あなたも見てますか~。

 

www.momolife.site

 

 

定時で帰るけど、仕事はキッチリやる結衣がかっこいい!

火曜ドラマ

「わたし、定時で帰ります。」

このタイトルから誤解されがちだけど

主人公の東山結衣は、「仕事に関心もなく定時でさっさと帰るOL」みたいな感じではなく。

むしろ仕事はできるほうで、スキルや熱意もあります。

責任のある仕事も多く、チーフ的な役割を任せられている模様。

けっこうキャリアウーマンっぽいかんじなんです。

 

今回も、結衣の衣装が可愛かった!↓

f:id:minimummomo:20190510214148j:image

 

ただ

仕事は効率重視!

翌日にできることは翌日に回す!と、徹底し、定時に帰ってるだけなんですね。

 

なので、タイトルが独り歩きして

ゆとり世代の若い女の話~?みたいなイメージになっちゃってるのでは・・?と。

だったら全然ちがうので、見たことない人は見てほしいんですが。

 

定時に帰るのは、実際難しい。

定時に帰る。

まあ当たり前っちゃ当たり前なんですが、なかなか難しいですよね~

かつての私は、終電で帰るようなブラック企業にいたので、それに比べたら今の会社はすごくホワイトなんですが。

それでも、定時ちょうどに「じゃ、失礼しまーす」とはならないよ。

まわりに気を使ってるとかじゃなくて、普通に仕事が終わらないよね。

 f:id:minimummomo:20190512135145j:plain

結衣みたいに効率よく仕事できる人に憧れますね~

いいなあデキる女は・・

 

定時で帰らない男。その理由は。

第四話の話は「定時で帰らない男」。

毎日だらだら残業したり会社に泊まったりしてる男性、吾妻(あずま)の話でした。

 

吾妻は、仕事の効率も悪く、上司の評価もそんなに良くない冴えないエンジニア。

上司に叱られ、好きな女の子も脈ナシっぽくて、傷心で遅くまで一人残業する吾妻に、

「なんで帰らないの?」と結衣がたずねます。

すると、吾妻は言います。

「家に帰ったってやることないし、アパートに一人でいるよりまし。

何もない人生のこと考えると滅入っちゃうから。才能も、夢も、楽しみもない。

 

f:id:minimummomo:20190510212154j:image

 

「家に一人でいるのが嫌」

「やりたいことなんて、なにもない。」と、肩を落とす吾妻に

まだ見つかってないだけかもよ~?となぐさめる結衣・・・。

 

吾妻が、結衣に尋ねます。

「そういうそっちは、なんかやりたいことあるの?」

 

結衣の答えは、

「定時で帰って、ドラマ見て、好きな人とおしゃべりして

そういう時間を楽しめたらそれでいいかな。

その程度か、って言われるかもしれないけど、私にとってそれが一番の幸せ。

やりたいことって、大きな夢や目標じゃなくても、

自分が楽しめることだったらなんだっていいんじゃないかな。

 

ツライ過去があるから、今の幸せがわかる

結衣はかつて過労で死にかけています。

だからこそ、定時後の平凡な日常が幸せだって思えるんじゃないかな。

 

「家でドラマ見て、好きな人としゃべるのが幸せ。」

そういう日常的なことを幸せって思えると、毎日が楽しいから最高じゃないか!

 

私も、かつて超ブラックな会社にいたからこそ、今、家に帰ってドラマ見れてる自分の生活って、幸せだな~って思うんですよね。

そう考えると人生に無駄なことってないもんだなあ。

f:id:minimummomo:20190512135435j:plain

ちなみに吾妻、このあとに、

以前好きな子と行ったコーヒーショップに立ち寄り、自宅でも使えるコーヒーの道具を買いに行くのです・・

もともとコーヒーが好きなので、ハマりそうな吾妻。

やりたいことが見つかったのかも。

ほら無駄なことなんてないよねえ。

 

働くことは、本来生きるためのものだ

そういえば、あの北野武さんがTVで言っていました。

「若者に”夢を持って働こう”とか言いすぎ。食うために働くでいい、なんで生きることの意義とか言ってるんだ」

引用元:https://news.careerconnection.jp/?p=65633

 

 子供の頃って「将来なりたいものは?」とか聞かれるじゃないですか。

そこで、例えば、お花屋さんとか野球選手とか、「ちょっと特殊な職業」を言わないと、夢がない子ねと言われたりとか。

f:id:minimummomo:20190510211059j:plain

 でも、本来、仕事って生きるためのものですよね。

私たちは、お花屋さんになれなかったとしても、生きるために働かなきゃいけない。

 

 結衣のように、「仕事は仕事。私は給料日を楽しみにして生きてる。」と割り切って、

定時で帰って、家に帰って好きな人がいる生活が幸せ。

それって仕事の位置づけとして、まっとうだなって思うんですよねえ。

 

次回の「わた定」も楽しみです!

 

www.momolife.site

 

www.momolife.site