「お気に入りだけど着るとソワソワしちゃう服」は、自分のキャラ・生活圏・年齢に合ってない!

好きだけど、気恥ずかしくて着てない服

こんばんは

コンサバ系ミニマリストOL momo です。

 

「好きだけど、気恥かしい」・・・恋愛の話ではないです。洋服の話。

 好きで好きでお気に入りの服なのに、なんか気恥ずかしくて着てない服って、クローゼットに眠ってないでしょうか。

その気恥ずかしいという気持ちの正体はきっと、こんな感じでしょうか。

若すぎる服。少し派手な服。オシャレすぎる服。いつもの場にそぐわない服。なんかいつもの自分と違う服。

 わかる、わかります!!ほしくてほしくて買った、凄く好きな服だけど、お気に入りだけど…着て出かけるには、勇気がいる。

で、いざ出かけるとなるとやっぱりソワソワしちゃって、「やめとこ」って着替えてしまう。

f:id:minimummomo:20170908215738j:plain

そういう服って、妄想の中の自分はその服を着てお出掛けしていても、実際は「それどこに着て行くんだよっ」と自らにツッコミ入れたくなるんですよね。

原因はきっと、自分のキャラ・生活圏・年齢のいずれか(または複数)にあってないからだと思います。

 

 

キャラ・生活圏・年齢にあった服こそが実用的な服

 

買うときになんとなーくソワソワを感じる服は、自分の生活圏や年齢やキャラに合ってない可能性が高いです。私もそういう服をたくさん持っていました。一目ぼれで買った服、“冒険”で買った服、憧れのだれかが着ていた服。

それらを断捨離してみたら、自分のクローゼットのなんと健やかなことか。ああやっと私のクローゼットが出来た。今までは誰かの服を着ていたんだなあ。と思いました。

実用的な服の見極めは簡単です。ソワソワしない。しっくり来る。似合う。それを着て友人や家族に会っても「どうしたのその服?」って言われない。そういう服です。それが白のTシャツの人もいればピンクのワンピースの人もいるでしょう。

 

ミニマムなクローゼットは「実用性」がキモ

 f:id:minimummomo:20180516123635j:plain

おそらくもう袖を通すことはないであろう服を、いつまでもクローゼットに置いとくのって、モヤモヤします。もう無理だとわかっていても、好きだからどうしても手放せない・・・わかります。(あれやっぱ恋愛と似てるな)

その服をクローゼットに置いておくことで、わくわくするのなら、いいでしょう。でも、、、「着なきゃいけない」というモヤモヤ感にかられるのなら、手放したほうがラクになれますよ!

さんざん、お気に入りの服たちを、手放してきた私が言うから間違いない。

マキシマリストOLだった私が断捨離したモノと、その手放し方。 - コンサバ系!ミニマムライフ

手放すときは、確かに辛かったです。着てないとはいえ、好きな服ですからね!でも、実用的な服でクローゼットを満たすほうが、断然精神的に健やかだと私は身をもって知りましたよ。

OLはOLの、主婦は主婦の、学生は学生の、生活や立場、年齢に合う服がある。そして自分に似合う服がある。

そこをしっかり押さえておけば、自然にミニマルクローゼットに近づいていけるはずです。